街コンは、合コンとは異なり街ぐるみでの大規模な合コンイベントです。
最低でも100名、多いと数千人もの男女が集まります。
ルールは開催をする企業によって異なりますが、主に同性2名以上で1組となり開催されている街内にある複数の飲食店を一定の料金で食べ歩き・飲み歩きが可能です。
1つの飲食店にずっと居るわけではありませんので、そのお店で相席となった異性と気軽に出会いの場を楽しむ事が出来るというのが大きなメリットです。
街コンは全国各地で開催されるため、地域活性化と合コンが融合した画期的なイベントだと言えるでしょう。

街コンが出来た背景は、東日本や阪神大震災などの震災がもたらした不安や、戦後の不安などが引き起こした人と人との絆が原動力だと言われています。
また、商業経済の発展だけではなく、国づくりには欠かせない少子高齢化の問題にも貢献できるイベントの1つとして街コンが作られました。
近年では、価値観の多様化や国際化、ソーシャルメディアなどの仮想空間での結び付きが脚光を浴びているため、良いパートナーとの出会いのイベントが少なくなってきています。

街コンは全国各地で行っているため、主催をしている企業側にしてみると地域活性化に繋がる良い宣伝効果が期待出来ます。
また、参加者にしてみれば大規模なイベントであるため、気軽に参加できるというメリットがあります。
その地域でしか食べる事が出来ないような美味しい食事を堪能する事も出来るでしょう。
参加者が楽しんでくれれば、良い口コミが広がり街コンの宣伝になりますので、それがまた地域活性化へと繋がります。

街コンには基本的な形があります。
必ず何処かの街を舞台にしていて、その街にあるいくつかの飲食店を移動しながら食べ歩きます。
しかし、近年では様々なイベントを行っている街コンがあり、参加者全員が仲良くなる事を目的にした旅行形式のものや、水族館やテーマパークなどを舞台にしたイベント型の街コンがあります。
その他にも、宝探しのようなアトラクションを取り入れたり、ゴミ拾いなどのボランティア要素を取り入れた珍しいイベントもあり、実に様々です。

そのため、自分のやってみたい事や興味のある街コンを探して参加をするのも良いでしょう。
色んなタイプの異性と出会うことで、新しい出会いや良いパートナーと巡り会えるかもしれません。
申込みをして参加費用を支払うだけで参加できるため、気になるイベントがあれば是非申込みをしてみて下さい。

気軽に参加できる街コンならではの出会い方がある

街コン 街コンは一般的な合コンと比べますと、気軽に複数の異性と色んな交流が出来るというメリットがあります。
合コンは一般的に少人数で1つの飲食店での飲み会となるため、どうしても相手の印象が良くないと、その場が気まずくなる事もあります。
しかし、数百名、時には数千名にもなる参加者が集まる街コンであれば、万が一気に入ったパートナーが見つからなかったとしても、店を移動すれば他の話し相手を見つける事が出来るでしょう。

街コンの参加自体は非常に簡単ですし、費用も平均で3,000円~7,000円程度で複数の店舗の食事を食べ歩く事が出来ます。
また、偏った店舗ではなくバラエティ豊かな店舗が参加しているため、グルメツアーとして楽しむ参加者もいるくらいです。
高級フレンチやエスニック、普段は行かないようなおしゃれなバーなどにも行く事が出来るため、良い出会いと食事を同時に楽しむ事が出来ます。

また、合コンは基本的に夜に集まって飲み会をしますが、街コンの場合は昼間の時間帯に開催をする事が多いため、安心して参加をする事が出来るというメリットがあります。
街コンで良いパートナーを見つける事が出来ましたら、そのまま終わった後に二次会を楽しんでも良いでしょう。
少子高齢化対策のために、日本全国で様々なイベントを開催していますので、やってみたかった事や行ってみたかった地域に思い切っていけるチャンスもあります。

街コンは一般的なスタイルだけではなく、水族館やテーマパークで行われるような大規模なイベントがあるのをご存知ですか。
鉄道が好きな人が集まるイベントや音楽が好きな人が集まるイベントなど、趣味に特化した街コンもあり、自分の趣味を理解してくれるパートナーを見つける事が出来るチャンスがあります。

合コンや普通の街コンですと、その時に良い出会いがあったとしても、その場だけでは相手の趣味までは理解する事は出来ないでしょう。
但し、街コンであれば色んな人との出会いが期待出来ますので、自分自身も心から楽しむ事が出来るでしょう。
基本的には1人での参加は無く、2人以上でグループを作って参加をしなくてはいけませんので、万が一良い出会いが無かったとしても1人きりになるという事はありません。

街コンは現代ならではの大規模な出会いの場です。
今まで良い人と巡り会えなかったという人は、是非一度参加をしてみて下さい。
沢山の人が集まりますのでシャイな人でも参加しやすいというメリットがあります。

あわせて読みたい記事